フォト
無料ブログはココログ

ばいく

ガラス関係

プラモ

« ホームページビルダー | トップページ | 生き残りが »

2006年5月 1日 (月)

これぞおやじの生きる道

昨日の久しぶりのタンデムツーリングの道中、なにやらしぶいおやじライダーに遭遇。単車は懐かしのスズキGS125T(?)アメリカン風のあれ。革のサイドバッグにトップケースまで付けて、この単車でここまでやるか、と思わせるオーラを放っていた。後ろから近づいてナンバーを見ると目黒区。おそらくこの連休に高知までフェリーでも使って来たんだろうと思われる。

単車の状態は古いだけあってそこそこなんだけど、自分の使いやすいように自分の手でいじってあるのが見て取れてしばらく後ろを走って観察してしまった。後ろの嫁さんとあのキャリアはどーの、カッパで走ってるのはなんでかとか話ながら。

信号で止まったらおじさん振り返ってなにやら話し掛けてくる。「ウィンカーついとるよ。」ああ、あなたに見とれていたおかげで自分のウィンカーの事なぞ全然気にしていませんでした。さっきトンネルの入り口で左手を振っていたのはそういう事だったんですね。

最近、ツーリングに出て見かけるのは金にものいわして豪華な単車、豪華なパーツ、立派なウェアのおっさんライダーがほとんどだ。ちゃんと働いて余裕ができてお金を単車に掛けるのを悪いとはいわないが、所詮単車は走ってなんぼ、所有欲を満たすのにそんなに必死にならんでも、と日ごろ思っていたので昨日のおじさんライダーには引かれるものがあった。(貧乏人のひがみにすぎないのか?)かく言う私の単車にも手作りキャリアが付いている。次はトップケースも載せられるように2号機を造る予定だ。それを付けてまたあのおじさんにどこかでめぐり合いたいものだ。

« ホームページビルダー | トップページ | 生き残りが »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これぞおやじの生きる道:

« ホームページビルダー | トップページ | 生き残りが »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31