フォト
無料ブログはココログ

ばいく

ガラス関係

プラモ

ガンプラ写真

  • Dsc00444
    撮りためた写真をまとめてみます。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真2

  • Imgp0906
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真3

  • Img_0160
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

子供か!

昨日、すげー車見た。

H社の赤いアコーO、グリルにはね馬、サイドに黄色いステッカー、トランク上には派手なスポイラーにきわめつけがFerrariのステッカー。

どんなガキが乗ってんだと思って観察することしばし。乗りこんだのは子供連れの夫婦。だんなもう35,6にはみえたけど・・・。

プラモデルでやってください。そういうことは。どう見てもフェラーリには見えませんから。

休会・復活

うちは、休会・復活が、多い。休会なのか、退会なのか、そっちは微妙だが、復活は、結構有る。1年、2年の復帰組は、数知れず、先日13年ぶりに復活した人もいる。「お互い、おおきくなって!」が、第2声。

今日は、結婚して転勤して、「いずれ、15,6年後には、帰ってきますから!それまで休会!」とあいさつに、こられた。

結婚して、県外に出られた方、出産で、子育てに忙しい方、おとうさま、おかあさまのお世話をされてるかた、今は、ご主人を、お子様を、親御さんを一等大切に!後で、教室に通う事をよろこんで送り出してくださるように、がんばってください。

わたしは、きっと、おばあちゃんになってもガラスいじってますから!。

ステンドグラスを創るということ。

人間、なかなか本音を口にできないものである。ましてや、先生と生徒という立場では。

たまに、正直にほろ、と言葉にしてくれるときがある。ためらうだけあって、正直ずきっとくる内容だったりする。しばらくひこずるが、楽観的に考えの持ちようを変えてみたりして、いいほうにもってくので、結果的には、言ってくれてありがとう、となる。

さて、今回、「ガラスカット、に挫折した。」という。

さも、ありなん。だから、キットのコースを設け、それからカットへ、という方向をつくった。それでも、である。

とんぼ玉が、誰でもできる、というのはやめた。とタラオくんが言ってたが、ステンドグラスもやはりそうなのかもしれない。ものづくりの基本として、あくまでも手作りにこだわったうちは、機械をつかわない。はんだごてと、研磨機ぐらいなもんである。ドレバリーのカットのみ、バンドソーを使う。

しかし、生徒さんのなかには、ネットで、バンドソーを購入し、カットを、それに頼ってる人もいる。それが、いけないとは、言わない。何を求めているか人それぞれなので、わたしの大事だと思うことを強制するつもりはないからだ。

が、ここにきて、カットが、苦手という理由で、せっかく芽生えた制作意欲がそがれてしまうのは…残念…と思ってしまったのである。

だからといって、教室にバンドソーを持ちこむ気は、さらさらないのだが…で、で、でも…一応あるからな…使ってないだけで…

こんなの、ありますよって紹介してみようかな…?

2008年6月28日 (土)

男の料理

結構ひさしぶりに晩ご飯作った。

チョコット手伝うくらならたまにするが、自分メインではひさしぶり。

というのも、働き者のうちの嫁さんがしんどー、だるー、ゆうて4時にもう帰ろう、なんて言うから、こりゃ飯くらい作っちゃらんと・・・と。

教えてもらいながら、てんぷら。実家でもらった野菜がやまほどあったので大量のてんぷらが出来てしまった。

でも野菜は食えるもんだんべ。ぺろっとカンショク。また、たまにならやります。たまになら、料理もおもしろいもんです。

2008年6月25日 (水)

すーずしー

昨夜、仕事終わって単車で帰るとえらく涼しくてきもちいい。

これは嫁さそって、ナイトツーリングとしゃれこもう。ご飯がおわったらもう10時。コ1時間すずみにこうぜい。

さ、寒い。川沿いを少し山に入ったら涼しい通り越して寒い。

すぐひっかえしてDVD観て寝た。

でも夜走るのもいいもんだった。若い頃はひるも夜もなく走りまくっていた。そんな頃を少しだけ思い出した。

2008年6月21日 (土)

ぐれちゃうぞ

ちいとばかし急ぎの仕事があるにもかかわらず、単車仲間のM先輩に急に会いたくなって連絡。

先輩、新車のD-5を買ったばかり。普段なら単車で遊ぶが今日は雨。車も見たいしちょっとカイモン付き合って、と来てもらう。

嫁にだまってでかけたら、「ぐれてやる。」と書置きが。

実はこの「ぐれる」にはふか~い意味があるのです。ね、Dさん。

とある哲学の先生の人生の極意らしいです。わかる気がするなあ。真面目におとなしく逆らわずだけで生きてはゆけないもの。

俺もぐれてやる。みんな、ぐれてやれ。日本人は言いたいことも呑み込みすぎなんじゃ。いやなもんはいやなんじゃ。だめなもんはだめなんじゃ。

2008年6月18日 (水)

突然に、

昨日、ほんの30分ほどなのですが、うちのHP、危険な感じになってました。

そのピンポイント攻撃を偶然にも見た方、まったくもうしわけない。1つのプロバイダで2つのHPを開設ってできるんですか?実はむすめの作ったものを何とか公開しようと無い頭と知恵を絞って、どうにかしてやろうと悪戦苦闘した結果が、あれです。

ほんま、情けないわ。全然やりかたわからん。もしかして不可能?それもわからーん。

誰か教えて、お願いいい。

2008年6月17日 (火)

6月なのに!

昼飯食ってるときにトンボを見た!!

トンボって秋に成虫になるんじゃないの?この時期に飛んでるトンボもいるもんなのかなあ?

ちょっとびっくり。気候変動のせいでしょうか・・・。

フィクションのなかのノンフィクション

なにかの映画のなかで、スポーツ3面記事のなかにこそ真実がある。というセリフがあった。あよそバカげたありえない話が、本当だったりするということだ。

作り話だから、とたかをくくっていてはいけない。

絶対公表しては、いけないが、どうしても伝えたい。なにかの形で、残したい。そういった類のものは、えてして、突拍子もない、信じ堅い内容のものが多いので、フィクションという隠れ蓑をまとって目の前に現れたりする。

逆に活字になってるから、新聞だから、堅い出版社だからニュースだからと信頼しきって頭の放りこむのも、危険だ。そのなかにおおいにフィクションが、入りこんでいたりする。

10人いたら、10人の見方があるように、真実は、本当に見えにくい。

黒川監督の「羅生門」は、それをわかりやすく表現してくれている。

フィクションであれ、ノンフィクションであれ、どちらも正しく、どちらも嘘が含まれる。あらゆるものを、清い目で見、判断していかなければ、真実は見えてこない。だが、本当に知りたい真実は、きっと誰かの心のなかにのみ隠れその人の死によって、永遠に謎になっていくのだ。

2008年6月13日 (金)

と、いうわけで…

ご家族のご相談は、わたくしが、引き受けます。

なんちゃって。

ぶっちゃけちまいます。

昨年、一年にわたり、わたくしタラオは仕事を休んでおりました。先週も休んでしまいました。

ステンドの方は嫁タラコがしっかり仕事して教室もこなして、俺がいなくてもそんなに支障は(あるこたーあるのだが)なかったかもしれませんが、バーナーの方は生徒さん達に、大変なご迷惑をかけてしまいました。

休んだ原因、実は鬱(うつ)病なんです。それも長年の。20代のころからずっと隠しながらなんとか生きてきました。

この度復帰できたのは、通院し始めて投薬治療をはじめたおかげです。(まだ、本調子とはいえませんが。)

一部のひとには何と無く話していたりもします。ただ、一人ひとりに面と向かって説明するには、もひとつ勇気も、根気もありません。

この話を読んでくださるのは、生徒さんや、俺の知り合い、友人のほんの一部の人でしょう。だから、これで今までの事を、許して欲しいというのではありません。自分が楽になりたかったのだろうと思います。

この20年ほどの間に俺と知り合い、変な野郎だと思いながらも、共に時間を過ごしてくれた人、ぱかーんと間が開いても普通に接してくれた人達に感謝、です。気が付いてなくってもそれはそれで、感謝です。

もうぶっちゃけたから、読んだ方はあまり気にせず、今までどおりつきあってください。逆に相談とかもOKです。体験からアドバイスもできると思いますよ。あんまり深いところはつっこまないでください。また落ち込みますから、ははは。

2008年6月 7日 (土)

始まりました!エミフルカルチャー!

第一回目のエミフルカルチャーやりました!

ステンドグラスですが、キットからスタートした方もいれば、おうちが、近いので、松山の工房の教室から移った方もいて、結局ガラスカットから作る自由制作も有りの混合クラスになりました。

月一回の4時間なので、かなり進みます。

休憩がいるかな、と思ったけど以外とあっというまに過ぎてしまいました。

そして、夜。なんと、13年ぶりに復活!今回おうちに近くなったので再開を決めた方が!!!おたがい(いえ、わたしだけです…)、ひとまわりおおきくなってまた一緒に始める事になりました。なんだか、とってもうれしくなりました。

手を使って、こつこつと、作り上げる楽しみ。作りながらかわすさりげない会話。「作る」楽しみをまた、新しい出会いと再開のなかで始める事ができて、しあわせだなーとつくづく…。

さらに、できあがったものが、気に入ったもので、プロ級の仕上がりなら申し分ない!!そのお手伝いができるのがうれしいです。

そしてもうひとつ。

はじめて外にでたのが、とんぼ玉の教室。まだ始まっていませんが、工具一式できるだけ安く、おうちでもできるよう、工夫して揃えました。

トーチを使うので、ガスをひく心配がありません。ただ、本格的に作るには力不足。ビーズを作る感覚で、始めます。もっと、本格的に!と欲がでてきたら、カセットタイプで。それは、そのときそのとき、ご相談に応じます。

やっと、自由になった、夜の時間を使ってのはじめてのお教室。一緒に楽しみましょう!。御主人と一緒でも、大歓迎。わたしたちも、2人で、ご一緒します。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31