フォト
無料ブログはココログ

ばいく

ガラス関係

プラモ

ガンプラ写真

  • Dsc00444
    撮りためた写真をまとめてみます。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真2

  • Imgp0906
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真3

  • Img_0160
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月28日 (水)

銅テープ

ベンチャーは厚みがあって丈夫そうなのだが、粘着力が弱い。

中国製(某ガラスやオリジナル)。
出始めはなかなかよかったのだが、すぐに超薄くなり(フィットでこすっただけでやぶける!)
なんか、銅以外のものも混じっているようで半田が乗りにくく、色も変!
現在は取り扱われていない。
安かろう、悪かろうの典型。

結局エドコを愛用。
サイズがもうちょっと充実してくれるといのにな‥‥

使いやすいものを厳選していくと、いろいろなところとお取引しないといけません

にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村

地震

3月27日、21時過ぎ、また東北が揺れた。

「ちょっと前に、揺れました。

慣れている?けど、地中から伝わってくる「ゴォー」という感じと、
その次にくるかもしれない揺れに備え、構えます。
あの震災以来、余震は数えきれません。」
南三陸町のやまさん。

数年前の芸予地震の時も、
私自身は南予にいたため震度は2、ちょっとしたゆれしか経験なかった。
東北へ行くまでは。

ボランティアブログでもかいたが、
あの短い滞在中何度も余震を感じた。
その中でも、夜中と明け方の2度の余震はとりわけ長く、いろいろなことを妄想し、心臓の動機がいつまでも止まらなかった。
地震を、初めて身をもって真剣に怖いと思った。

あの恐怖と不安を今もどこかで誰かが体験している。

三陸鉄道復興切符と、JR気仙沼線

つい先日、三陸鉄道の記事を紹介したばかりだが、今回はまたちょっと違う記事を紹介したい。

まずは、三陸鉄道。
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/03/20120327t35013.htm

このように鉄道は沿線住民の悲願!

一方、JR気仙沼線はというと…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120324-00000069-mailo-l04

現地の人たちは、気仙沼市と同様、鉄道での復旧を確約したなら、BRTの仮復旧策もOKとする意見が多い。
ただ、BRTでは、気仙沼線の「線」が「点線」になる。「線」にならなけば意味が無い。と言う。

沿岸部の住民の減少予想して、BRTを導入しようとしてるなら本末転倒。
逆に、住民の減少を防ぐには鉄道が必要、というのは、今現在柳津、気仙沼沿線沿いに住む人たちの切なる想いなのである。

2012年3月26日 (月)

さくら

宮城県仙台市の開花予想は4月15日です。
南三陸町はもうちょっと後でしょうか?
高知は一番!でしたが、お隣のうち、愛媛は3月31日です。
でも、気の早い桜もいて、ぼちぼち咲き始めていますよ。

南三陸町、去年もさくらは咲いてくれました。
が、住民の間では話題にすらならなかったそうです。
理由は、単純にそれどころではなかったため‥‥

そういえば、桜と震災とテーマにしたドキュメントが撮影されていたのですが、あれはどこで撮ったものだったのでしょう。
見ていないので、なんともいえませんが、しみじみと桜を愛でるような状態ではなかったのがほんとのところのようです。

今年の開花予想。
http://tenki.jp/sakura/expectation
冒頭のは、これを見ました
今年は話題にのぼるかな?

なにげない「日常」、それがまだとりもどせていないのが現状です。

「前を向きたいけど、前がどっちか分からない」という人もまだまだいます。
また、目の前で多くの同僚や家族が津波で流された事で、対応出来る感情の限界を超えてしまい、普通に涙を流せなくなった人もいます。

逆に混乱した心がすこしづつ落ち着いてきて、なんでもないことですぐ涙が出てしまうという人も‥

同じ季節がめぐってきても、年々感じることは変わってくるはずなのに、そのまま止まってしまっている人もいます。

さくらの淡いピンクの花が、少しでもみんなの心を癒してくれますように‥‥
今年も、東北で、四国で、沖縄で、日本全国で日本人の大好きなさくらが咲きます。

蘇れ、三陸鉄道!

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20120326-95727/1.htm

こんな記事をみつけました。
JR気仙沼線も、復旧して欲しいです‥‥

ボランティアとさんさん商店街

おっはようござま~す

PCを起こしてみると早速南三陸から、メールが。
そして、ボランティア仲間(?)からの拡散メール。

Img_0584_convert_20120326102714
画像は昨日のボランティアさんたちです。
奥はさんさん商店街。
ここまでくればあと少し!
この上の方には住宅は多くありません。

そして届いたもうひとつのメール。
関西で行われる展示会に関するものでした。

以下はその展示会の主催者のコンセプトです。(ちょっと、長いです。お時間のあるときに)

 東北での支援の在り方も変わってきた今日この頃、現地で求められているのは雇用の促進、コミュニティの自立支援、産業の振興に地域起こしと、長期で腰を据えて活できる人でないと関わりにくいのが実情です。この先もニーズは刻々と変化していくにしろ、短期ですが何でもします、といういわゆる一般ボランティアの必要度は先細りでしょう。

一方で東北の人たちに話を聞いてみると、次のような声をよく聞きます。

「自分たちのことを気にかけてくれている人がいるっていうだけで嬉しい。」

「ボランティアもいなくなるの?寂しくなるわね」

はっきりした言葉で聞いたわけではないですが、東北の人たちは、現在進行形の自分たちの事件を次第に忘れられていくのが、寂しいのだろうと感じます。

そうゆう現状の中、私たちがこれからできることは

① 「支援したい」「困っている人がいれば助けたい」という想いを維持しておくこと。
いま具体的なことをできなくても、いつか自分の行動できる機会が来た時にそれを逃さないために。

② 東北に足を運んで、飲み、食い、買い物をしてお金を落とすことで、直接的な経済支援をすること。
また、現地で機会があれば人に会い、話を聞いてあげると喜ぶ人はたくさんいます。

③ 東北現地の人々の、復興へと頑張る姿を忘れないこと。
忘れないためには、何かしらのことで関わり続け、意識し続けること。
それは、小さなことで構わないはずです。
ただ祈るだけでは神様がいない限り相手に想いが届きませんが、小さなことでも目に見える行動で示せば、「私たちは忘れないよ」というメッセージ(の積み重ね)となって現地で復興を目指す人たちの勇気の一かけらになるのではないでしょうか。

以上です。
画像に添えられた南三陸からのコメントにも同様なことが書かれていたので、主催者の承諾なしにUPしました。

イベントはイラストレーター神近健太郎君の作品&
「誰でも、遠方でも、気軽に、関われる支援を考える」に関する展示です。

『絆展 点・伝・幸』

日時 : 4月13日(金)~4月15日(日) 10AM~10PM

場所 : 兵庫県尼崎市 Gallery&Cafe たかぎ
     最寄駅: 阪神電鉄 尼崎センタープール前駅
     住所 : 尼崎市崇徳院2-146-1
              ( 旧浜田商店街内 )
料金 : 入場無料 (14日夕の懇親会は1000円のご負担をお願いします。)

関西のかた、近隣にお住まいの方、ぜひご来場ください!
わたしたち、多分、行ける!

2012年3月24日 (土)

ガラスサンプル

Imgp0349 そもそもは、すっきりとした仕事場にしたかったわけです。
で、少しずつ30年の埃のたまったやつから手をつけていたのですが‥‥

横目で見ては、見なかったふりをしてきた、ガラスサンプル。

ひとつ仕事が片付いたので、
なんか作り始める前にやっとこうと、ついに手をつけました‥‥が‥‥

部屋が狭いのでいっぱいいっぱいひいて撮ってこれ。まだ写ってないものもある。
どうよこれ

3分の1はもうすでに製造されてないメーカーのガラス。
残りも、廃板のが、多数混じってる。
当然、現在使用中のサンプルは別に。

いや~見ただけで満腹です

にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村

震災前の志津川

Img_0583_convert_20120324121618
            南三陸さんさん商店街の写真屋さんに飾ってあるそうです。

3月24日・今日の南三陸

Img_0579_convert_20120324121408今日の南三陸町は 最低気温 0.4度

お天気は、 くもり    積雪 5cmです。

雪が積もっているので、今日のボランティアさんたちは住宅の片付けです。



去年4月の末に岩手の盛岡に行ったときは、やっとやっと桜が咲いたところ。
あと一ヶ月。
南三陸町に、春一番がふいて桜が咲き始めるのはいつでしょう。

120324_a_convert_20120324122544

120324_b_convert_20120324122635
                    春を待つ南三陸町です。

2012年3月23日 (金)

クイック・リーダー

「おと~さ‥‥‥んなにー、それ~~~~~~どしたーん
て、あのめがね、首にかけとる

ありえーん!
使ってる人見たの、浅草の外人、日○正平、3人目がうちの親?

もう何年も前から「いいねぇ~いいねぇ~」と言っていた。

CSIのシドちゃんが使っているシニアグラス。
鼻んとこがマグネットになっているやつ。

欲しくてめがねやをみつけるとのぞいてみたが、無い。
使っている人も見たこと無い。

しかし、おととし、浅草へ行ったとき、でっかい外人が首にかけてるのを見た!
「市販されてるんや!でも、アメリカだけ?」
(CSIがNYなので彼はアメリカ人と思い込んだ。)

そうこうしていると、タラオくんがTVで
「日○正平がやっとった!!!」と興奮!
「どこでこうたんやろう‥‥」
芸能人なんやからアメリカに違いない!

そこで、知り合いの息子さんがNYにいるので頼むことにした。

「知ってる弁護士が使ってる。買って送ってもいいけどアマゾンで簡単に買えるよ。」

え~~~

でも添付されてるアドレスはアメリカのアマゾンじゃん、簡単ちやう~
いやっ、アマゾンジャパンにもあるはず

メガネフレームではみつからず、いろいろひらいてみると‥‥あった~

みつけたことだけでうれしくなって、タラオくんに報告したあと、用があったので実家へ。
で、冒頭のシーンである!

すごいタイミング!

親はPC、携帯とは無縁である。
どうして手にいれたか?
「メガネやで買った。」
「はあ
「日○正平がしとるやつが欲しいゆうて、取り寄せさせた。
どうも、売れんけん、おいとらんのやわい。一ヶ月かかった。」

お父さん、それ、違う。
オーストラリア製。時間と値段から、調べてきっとメーカーから取り寄せた。
恐るべし!昭和ひとけた!

この親にして、この私。
好みが同じとはきづかんかった。

即買いしました。私の分(ブルー)とタラオくんの分(オレンジ)。ちなみに、私たちのは日本製。あれ?おとうちゃんのもかな?お父さんのほうがちょっと高いから、やっぱあっち製?

震災後の備え

一年経った日から、あの日を思い返すことより、わかってきたいろいろなことから、これからのことを考えることを大切にしようと思っている人は少なくないと思う。

先日の12才の彼女の体験から、小学校で被災して、そこが避難場所になったとき、あの非常時で夜も学校の集団行動であったことは適切であったか。(小さな子供が親兄弟より、クラスで固まって行動することが精神的にどうなのかとか)

日常のものを使ってのサバイバル術。

そんななか、経験からくる備えの話には説得力がある。ろうそくも然り。

「震災を経験して携行する持ち物が変わりました。
いつ、どこで、どんな状況で同様の震災に遭っても家族と連絡が取れ易いようにと。

ここ(南三陸町)はあの震災で、全ての携帯電話会社の通信が不通となりましたが、
1週間くらい経過してから各社の車載移動基地局が到着し、au、docomo、softbankの順に通話可能となりました。
 
(教訓:「家族割引き」などにこだわらず、家族でも携帯電話会社を分散していれば、災害時の通信リスクは減少する。)
     
ただ、停電のため携帯電話に充電も出来ないのではなんともなりません。
コンビニで乾電池式充電器も販売されてますが、あくまでも「緊急用」で満足な充電は得られませんでした。(なるほど!意外!)

Img_0569_convert_20120323103145 そこで、現在、持ち歩いてるのがこれ。
普通に家庭用コンセントからの充電と同じように、フル充電できます。」
http://panasonic.net/energy/eneloop/jp/lineup/mobilebooster/

普段から考えながら動いていると、携帯するものを購入するときも、いざというときのことを考えながら選ぶことができる。
机上だけの、あーだこーだというのに振り回されないで、経験者の体験を耳にするとき、日ごろの備えも一緒に考えたいと思う。

もはや、なにもかもが「想定外」ではないのだから。

とりあえず、私は持ってるだけで楽しいろうそくと、よく電池切れになるので今役立つ充電器から。

2012年3月22日 (木)

停電!さあ、ろうそくの出番!

南三陸町は、あの大津波で街中の電柱がほとんど流されたので、長期間の停電になりました。

実は、1年たっても未だに電気・水道とも復旧していないところもあるのです。

石巻市の旧河北町尾崎(おのさき)地区。
http://www.cybozu.net/news/national/20120317k0000e040206000c.html

びっくりです。今後は、ここまでの超長期間停電はないと思いたいですが…、

さて!
停電時の灯りとして、通常、備えているのは懐中電灯かローソクですよね。
ローソクは、非常用や仏壇にあるものと思いますが、これらは実際に使うと数時間しか持たなかったそうです。

南三陸のやまさんちで大活躍したローソクは、披露宴のキャンドルサービスで使ったメインキャンドル
あの日の日没から一晩中灯し続けて、13日目まで持ったらしい
すばらしい

でっ、長時間使用できるローソクは、ある程度以上の太さと高さが必用不可欠ということが判明。
そこで、こんなローソクはいかが?

http://item.rakuten.co.jp/miyoshibutugu/kapunudoru/

カップヌードルを含め、太め&身長高め?が長持ちすると思います。
備えあれば憂い無し。。
とはいえ、なんだか、見入ってしまいました。
形のまんまの香りがするのかな‥‥、今なら桜餅?

2012年3月19日 (月)

12歳の語り部・南三陸町ノート10ページ被災の記録

今日はもうあがろうと思ってPCをみたら、メールがはいっていた。
あけてみると、南三陸からのメール。
これは、今日、UPする。
一日も早く、一時も早く、たくさんの人に読んでもらいたいから。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/education/snk20120318068.html

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20120318069.html?link_id=k_ka
nren_news_body

志津川小学校も、志津川病院も、多分、高野会館も、防災庁舎の前の川も対岸の址も、知っている。
あの日、あの時、あそこでなにが起きてたか‥‥読んで欲しい。聞いて欲しい。

伊予の早曲がり

 黄色は、「まだ進んでもいいよ!」じゃなくて「もうすぐ赤だから止まれ。」です

 踏み切りは、いやがらせかっていうくらい、きっちり止まりましょう。

合流地点は一台ずつ順に入れてあげましょう。
入るときはさっさと入りましょう。

交差点では直進優先です

あ~もう~県外からこられた人から愛媛県人けっこうヒンシュクかってますぅ

昨日、中華料理屋で。

映画の半券を持ってると、生中をおまけしてくれるという中華料理屋へ行った。
私の分を一枚だけだして、注文しようとすると、
「あの、他の方は‥‥?」と怪訝な顔。
「いえ、飲むのはわたしだけなんで。」と、きっぱりこたえると、さらに怪訝な声で、
「あー、杏仁豆腐もサービスでつきますが‥‥」

わいも、わいも、と、それぞれ持ってた半券を、それぞれのポケットから出すと、それぞれに注文。お昼、たらふく食ってたのでいつもより、ちょっと控えめ。

何を話してたのか思い出せないくらい、たわいもなことを話していると、
りっちゃんと、タラオくんが小声で話してる。
「なに、なに?」

どうも、隣のカップルが、注文していたものと違うものがきていたらしく、お店の人に指摘し注文していたものを持ってこさせたらしい。

ここまではよくあることで、別にひそひそ声ではなすことでもない。

なんと、このカップルは間違ってきたエビチリを完食してから「注文したのと違う」といってはじめに注文したものを持ってこさせたのだ。

うちらではありえない。
だから、ひそひそ声になってしまった。

間違ってきてしまったら、
一応指摘するが、せっかく作ってもってきたのだから、ま、いっかと
「これでいいです。」といって食う。
今までも、何回かそういうことがあったね、と話してた。
つまり、4人が4人、隣のカップルにあきれはてていた。

40代の夫婦かな‥‥
似たもの同士なんでしょう、そういうことを普通にできる‥。
ふたりともビール飲んでたから、近くの人?
車できてたら、もっとびっくり。

いろんな人がいます。

残念!ミディアム・2

消しちゃったよ
いいねってぽちっとしてもらってたのに!ごめん!

ミディアムは事件があって検察側からのできごとがいろいろあるけど、まあ、うちら的にはホームドラマだね、ってことです。

スパナチュみたいに、まじだったり、ちょー遊んでたり!
(家族として)共感するところが多く、観ていて安心する。
なのに、話の展開は自由!先が読めない!

今、次のシーズンが放映中。
DVDで観れるのはいつ?待ち遠しいぞ

ハンス・ジマーの‥‥

誰でも、この人の作品は好き!というフェイバリックパーソンがいると思う。

私のその中の一人がハンス・ジマーである。

映画音楽をてがけてる音楽家だ。
洋画の好きな人なら映画の画面と音楽が一緒に頭に浮かんでくると思うが、
「パイレーツオブカリビアン」・「ライオンキング」などなど、HPをみると、あれもか、これもか、と作品がある。

昨日、3世代でお昼ごはんを食べた後、親子で映画を観にいった。
(映画を観にいくときはたいてい4人。子供たちが家を出てからは、2人のときが増えたがそれでも、なるべく時間があえば、ていうか調整していく。映画を見て一寸ぷらとして外食するのがうちの行楽なのだ

番宣のあといきなり始まって、しばらくたって「あ~これはハンス・ジマーでは
一作目も、そうだったではないか!

そうです。
私たちが観たのは「シャーロック・ホームズ」

4人の嗜好は微妙なとこでそれぞれ違うのだが、おおむね一致する。
今回も、一致。
でも、音楽に興奮していたのは私だけ

小学校のころ、シャーロック・ホームズとルパンはよく読んでいたので
最初の映画でのホームズ像にはびっくりしたけど、本質的なホームズの推理の仕方は小説のまんま。

最初の展開がちょっとわかりにくかったのでDVDがでたら、また2,3回観る。こういうの好き。何回も観て伏線をみつける。ははは
といわけで、大満足の映画鑑賞だった

2012年3月17日 (土)

今日の南三陸・3月17日

今日の気温、-2.4度。
雨です。

Img_0566_convert_20120317161741 そんな中、届いたのはもくもくと作業してくださっているボランティアの皆さんの画像。Img_0555_convert_20120317161646

そして、今日の南三陸さんさん商店街。

商店街の中の南三陸町観光協会(みなみな屋)に新しい観光パンフがありました。

Img120317__1 極一部ですけど‥‥Img120317_2_2

Img120317_3

きらきら丼の写真をみる度に、「食べたい度数」がUPしてしまいます

選手宣誓

去年、車の中で聞いた選抜高校野球の選手宣誓を思い出す。
最初から最後まで生放送で聞いた。

一語一句、覚えてはいないが、
震災直後のこの選手宣誓は、心に響いた。

そして今年。
石巻高校がその選手宣誓をする。
キャプテンは相当なプレッシャーだと思うが
全国の高校野球ファンの見守るなか、
この一年の、部員、先生、級友、市民、県民、東北の人たちの想いを
右手をあげた数分間に托してほしい、と思う。

石工、この数分のために選ばれた、とさえ感じる。

とはいえ、試合もがんばってね!
はずかしながら、愛媛は一校も選ばれていません
かつての野球王国はいずこへ‥‥

2012年3月15日 (木)

プロとアマ

うちの場合、修復・修理の仕事も、たまにある。
ほとんど、よそのどこかの工房で作られたものだが、
「あ~、なんだこれ~????」というのが多い。

われもんなんで、壊れるのは仕方ない。
が、その作り方がひどい。
特に、ゼネコンがかかわったでかい仕事に多い。

パテが入っていない
(こういうのは、部分的に接着している。)
補強がない
こんなつくりでは、ガラスのわれも、ベントもあたりまえ!

とある、喫茶店でみつけた丈1メートル以上ある縦長のパネルは
横何枚かあったがパテが入っていない上、接着すらしていなかった!
指先でちょん、と押すとカタカタ鳴った
真横に座ったが即、一番遠い席に移った。
その後、行ってないがどうなったんだろう‥‥

どれも、おそらくは仕事として受けて納めたプロの仕事のはずだ。
なのに!
どう考えても手抜きとしか考えられないが、
逆にこれでも「よし!」としたとすれば、プロではなく、アマの仕事(?)。

昔、生徒さんが(現在は違う)
「ドアに一番細いテープで作ったの入れたら、はずれた(笑)」
と、教室で他の生徒さんと話していた。

自宅で作ってどこかの家に入れたらしい。
(教室でだったら、他のやりかたしたのに、残念!)
これと、大差ない。

フィックスの窓と、引き戸の窓。
ドアと建具。
小窓と大きな窓。
天窓と吹き抜け。
どれもこれも作り方が違う。
どれもこれも作り方が同じでよしとするのはプロではない。

予算が無くても、最低限抜いてはいけない手順がある。

ステンドグラスは
初心者が作っても、一応何でも形になる。
しかし、数年、数十年使い続けるには、
知識と経験が必要なクラフトなのである。
どの工芸も、そうだがやればやるほど奥深い。

ず~と研磨してて、指、ふやけた
ので、ちょっと研磨しながら思ったことを‥‥
教室では、ちゃんとプロのお仕事をデンジュしてます!
センセーもプロ!の、はず!よね?皆さん!

にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村

骨盤矯正

最近、骨盤矯正のなんたら、をやっている。
目的は、もちろん、ダイエットを期待して、なのだが、
自覚することができる変化があらわれてきたのには驚く。

まず、肋骨が見えてきた。
胃が前にでてきた。
一人前で十分満腹になる。

いかんせん、まだ体重に変化はない‥‥

2012年3月12日 (月)

3月11日・京都・国道9号線

Dvc00034_convert_20120312131045_3 3月11日、この日、このとき、この京都の9号線でも、想いを声に、行動に、うつしている人たちが大勢いた。

金曜日の9日から私たちは京都の園部と亀岡をうろうろしていた。
息子のお引越しである。
初日から雨で、あがるか、あがるか、と期待していたが一向にやみそうにない。
「やれやれ‥‥」と思いながら荷物を出すころになるとやっと小降りに。
なんとか、2日で掃除までこなすことができた。

さて、11日の朝。
快晴である!
この日は京都マラソンの日!
最高にいいコンディションだったに違いない。
交通規制のある京都付近を避けて、新生活のための買い物にでかけることにした。

Dvc00035_convert_20120312131125 園部から京都までは国道9号線でつながっている。
国道沿いの大型店をめざしたのだが‥‥

交差点のかど、かどに大きな文字をかかげた人たちが立っていた。聞くと、いろいろな団体が参加しているらしい。

Dvc00036_convert_20120312131159 どこから、どこまで続いていたのかわからないが、すくなくとも私たちが通った角には全て立っていた。

東北の現地では一周忌だから当然訪れる人も多いのだが、TV局の中継車のも含め、車の数がものすごかったらしい。

この9号線の様子は取材されたのだろうか。
被災地のことを想う、寄り添おうとしている人たちがいる、忘れてはいない、この様子こそ現地で流れて欲しい報道だ。

TVの取材、番組構成には地元の人たちからはいい印象はなさそうだ。
私は、引越しと野暮用で見たくても、見れない状況だったのだが、夜、新旧のマンションでつけたTV番組をちらりと見ただけで、つらくなって借りてきたDVDを3人で見ていた。
(疲れて、途中で寝ちゃいましたが‥‥

あらためて基礎しか残っていない店舗跡地を該当者に確認させて取材したり、
わざわざ、リアルタイムで当時のことを語ってもらったり、
震災直後は精神が混乱して東北人の気性もあり涙はあまりなかったが、一年経った今は違う。
所詮、「震災から1年」の視聴率稼ぎとしか思えないような内容が想像できるので見るのを避けた。

残った人びとは必死にここ被災地で生きている。
自分が住んでる町、家族、知り合い、財産、それらを一日で失ったとしたら‥‥
それを想像することができれば、それらを現実に失った人たちの涙も容易に想像できる。
ただ、自分が経験したことの無い辛さは自分の想像以上だということを認識していなくてはならない。

今日、12日の朝。
淡々と、今の被災地の状況を取材する番組には好感が持てた。
今の状況を多くのひとに認識してもらうこと、実際に来て、みてもらうのが一番だがそれができない人に、なにが必要か、自分になにができるか、を一考してもらえる機会をつくること、それがメディアの仕事の一部だと思う。

歌津の「わ」折り鶴プロジェクト

 Img_0541_convert_20120312111804
ここは7月行った時、そのときのパートナーと一緒にこのメッセージを紹介した場所です。前がすっかり片付いています。

ここで「わ」折り鶴プロジェクトが始まりました。http://ameblo.jp/utatuouen/entry-11163329327.html

色紙を耐水性のものを使っていただきたいのですが、このサイトで紹介してくれてます

その新聞記事です。  
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20120306ddlk04040107000c.html

こつこつとなにかしたい、とずーと思ってた人。
プロジェクトのサイトをよく読んでぜひぜひ、ご参加ください。

3月10日の南三陸

11日を明日にひかえたこの土曜日は車の数が凄い。Img_0543_convert_20120312111913
当然、地元では一周忌だから訪れる人も多いのだが、
Img_0547_convert_20120312112002 それに加えてTV局の中継車もはんぱないのだ。

TV放送に関しては、また後で書きこするとして、その一方、この日も作業をしてくださっているボランティアさんの姿もあった。Img_0548_convert_20120312112102この日、最低気温 0.4度。天候 みぞれ。

2012年3月 8日 (木)

3・11のTV番組

3.11は毎年やってきます。

宮城の当日の地上波の番組表。
http://tv.so-net.ne.jp/chart/17.action?head=201203110900

9:30から震災関連の放送が始まり、14:00からはNHK教育を除き、すべて震災報道。
昨日、宮城の民放で放送されていたのは、当日の画像とどっかの地図等を組み合わせて、あの日、あーだった、こーだったって番組だったそうです。

そこまで手間暇をかけるなら、
トラウマを思い出させる内容ではなくて、もっと前向きな内容にして欲しかった!というのは宮城で見た人の感想。

「震災からの1年」みたいな番組が多いけど、その取材が震災直後と現在を比較しているとすれば無理があると思うし。
状況は日々変わっていて、
根本的なところで変わっていないところもあり、
変わって欲しいところこそ報道してほしいのに、矛先は民間でないところにあることが大半なのできっと当日はやらない。
この一年を癒してくれる番組がどれほどあるのか‥‥

まあ、TVなんか見ないで、静かに1年前のこの日に起こった出来事のすべてに、想いをこめましょう。
支えてくれた方たちに、感謝をこめましょう。
これからの日本に、日本人としての誇りをもってすごす事を誓いましょう。
静かに、静かに‥‥

旧町のサイト発見!

南三陸町の住民のみなさんへの情報です

南三陸町は、志津川町と歌津町が合併して誕生しました。

なんと、合併前の両町のサイトを発見!
国立国会図書館が収集していたとは知りませんでした。

旧志津川町のサイト↓
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/260828/www.town.shizugawa.miyagi.jp/
index.html
右の最新情報の「広報誌しづがわ」の2~3ページに震災前の志津川の画像があります。

旧歌津町のサイト↓
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/246666/www.town.utatsu.miyagi.jp/index.html
中段の「トピックス」の「写真館」や「ウタちゃん」で画像が見られます。


11日にはみなさんに写真集が配られますが、その前にどうぞ
それにしても、やまさん、よく見つけましたね!

2012年3月 7日 (水)

精神科医の警鐘

今、3・11を前に日本中がいごいごしているなかで、
ある阪神大震災を経験した精神科医が警鐘を鳴らす。

あと数日でまる一年をむかえるが、
メディアはこぞって震災関連のニュースや番組を放映する。

一年前のあの日に起こったこと、
その後の様子、
復旧のきざし。停滞していること、問題点。

その日を前に
被災者の記憶がぶり返し精神的に不安定になるというのだ。

記憶は螺旋的に刻まれていくのではないかという。
いわれてみると、そんな気がする。

素人の私が精神科医の警鐘に対し、どうこうという意見も考えもなく、そうなのか、とのみこむことしかできないが、
この最近のTVのいまさら感のただよう無責任な番組に、
これまでに、もっとリアルタイムで、もっと真摯にこの一年の間、そのつど、そのつど、被災地の現状を報道してくれなかったかと苛立ちを感じる。

(震災時の食事のことなどいろいろ教えてもらったけど、もうしばらくしてから、かきこみますね。)

被災者の神経をあわ立たせることなく、
このたいへんだった一年を静かに迎えられるよう祈りたい。

2012年3月 5日 (月)

2012・3・11

各地でイベントがあります。
天皇陛下が出席を熱望した、合同慰霊祭。

ベイサイドアリーナでは、「東日本大震災犠牲者 南三陸追悼式」 
午後2:30~執り行われます。

気仙沼では、「3月11日からのヒカリ」
http://311hikari.jp/index.html

スコップ団の「天国にぶっ放せ!」
http://blog.goo.ne.jp/schop-dan_2011
http://blog.goo.ne.jp/cheapdust

うちは、息子のお引越しです。
2時46分には黙祷します。

報道番組

もうじき11日をむかえる。
昨日あたりから、思い出したように震災関連のニュースや番組が流れ出した。

震災後数ヶ月は見てきた被災地と11日当日のギャップを埋めたくて、津波の映像を凝視していたが、この一年の間に、出会った人々、起こった事実、被災地の現実を知ることで、映像や報道に隠れていた部分が多くあることを知り、今は11日の映像を見ることができない。

なので、ETV8の番組も見ていないのだが、私に届いた被災者の声、これを被災者の報道番組への声としてそのまま掲載することにする。

‥‥‥(ほぼ、原文のまま)

某国営的TVもこんなもの?

映像の時系列を一切無視して、自分たちの都合のよいようにつなぎ合わせただけ。。
5月の防災対策庁舎の画像に対して、雪景色となった今の町長の意見を出すのは全然違う!
(それも画像は、片付けられる前の防災対策庁舎。そこに雪景色を隠した町長のアップ映像)

民放は視聴率命と思うけど、受信料を徴収しているTV局もこんなもんなんですね…。
非常にがっかりである。

南三陸は漁業以外にも農業も盛んな地域なのに、漁業しかないみたいに。。

国営的TVのお涙頂戴的な番組構成にも非常に失望。

映像も1年をとおしたものではなく、断片的なものをつないだだけ。
映像と写っている人の服装をみると、震災直後~3カ月後と夏と冬だけ?
時系列を無視して都合のよいように繋ぎあわされてるため、取材された人も(現在の)本意と違っているのでは?
実際は知らないけど、たったそれだけの取材で、南三陸の1年とは無理があり過ぎる。

この町の1年はもっともっと深いと思う。
国営なら、なおさら全てを取材して、その全てを公平に放送してもらいたい。
決して何かを美化することなく。

‥‥‥‥

報道は真実を伝えること、真実を代弁すること、が命では?
充分取材し、何を伝えたいか検討し尽くした上で制作する。
どこかが、欠けてるんでしょうね。

某民放は、よく被災地の現状を伝えるのに、
スタッフが現地に一週間滞在することがよくある。
長い月日のなかの切り取られた一週間だが、
そこから生まれるレポートは生の声に近い。

そこまで真摯に南三陸町の一年と向き合ったか?
疑問である。

広域瓦礫処理・民意と自治体

瓦礫の問題がいかに深刻であるか、やっとメディアや一般の国民が認識してきたとみえて、取り扱われる頻度が多くなってきた。

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/20120304_01.htm

Img_0539_convert_20120305115956 南三陸町の1次処理の松原グランドの震災ゴミの高さは、3階建以上、石巻のがれきもそうとうなものだ。

そんななかで見た、日曜の新聞と日曜の報道番組。

ちょっと首をかしげてしまったが、次に、矛盾はないがどこかに問題点が隠れてる、その隠れている問題点をクリアできれば、もう少し、前にすすむのではないかと。

前記の日曜の報道番組で一般の人たちのアンケート調査の結果がでた。
70%近くの人が、瓦礫処理の受け入れに賛成している。
私の周りの人たちも「受け入れんといかんわい」と一様に口にしているのをみても、この結果は納得のいくものだ。

しかし、肝心の自治体は?
報道されている通りわずか5県だけが受け入れを決めている。
愛媛県にいたっては20市町村においてほとんどが受け入れそうもない。

民意と自治体の姿勢にこれほどの差があるとは‥‥

新聞のコラムに15歳の少年の広域瓦礫処理への想いが掲載されていた。
復興の妨げになっている瓦礫のことを憂い、
放射能は怖いが
焼却の際のデータで放射能の数値が低かったことに安心した、と。
正しい情報と知識でこの問題を考えて欲しいというものだった。

正直な意見だと思う。

自治体が受け入れない理由に設備がない、というのがある。
これはしかたない。
反対する市民がいる、それは提案してからでないと、どれほどの人たちがいるかどうかわからないのでは?。
他の自治体で怒号がとびかったとしても、ここでは空気が違うかもしれない。

情報が信じられない。うん、それはあるかも。
でも、日曜に野田さんが言ってたように情報収集のための支援をするとTVで公言したのだから、今後は期待できる?かもしれない。

これだけの民意があるのだから、道はあると思う。

が、庶民には図れない自治体のご都合も、ひょっとしてあるのかしらん?とも、思ってしまう。
自治体は、なんだかトップによってカラーが変わる、「自治体」という一個の生き物のような気がしてならない。
民意がどこまで反映されるか、トップの器によるのかもしれない。

2012年3月 3日 (土)

差別

こういう(公の)場所でつぶやいていいもんかどうか‥‥

「黒い雨」という小説のなかで
主人公におこったできごとが今おきている。

これを読んだ多くの人が、この「理不尽な差別」に憤りを覚えたと思う。

しかし、この「理不尽な差別」は、
主人公の置かれた境遇よりはるかに健全な状態であっても
ただ、この震災の被災地にいた、というだけでおきている。

「絆」だなんだ、といっても、うわっすべりな「言葉」になってしまっている現状。

そこに「愛」はなかったの?まるごと受け入れられる‥。
「絆」はひろいひろい、ふかいふかい「愛」だと思っていた。

被災しただけでもつらいのに‥‥

ひとつだけ言えることは、
めったに計れない「愛」を今、計ることができてよかったね!ということ。
いつか、本物の「愛」にめぐりあえるチャンスをもらってよかったね!

今日の南三陸・3月3日

今日はお雛様。
松山は一ヶ月遅れの4月3日がお節句です。
暖かくて、「春?」みたい。

が、南三陸町は-1.0度。積雪10センチ。Img_0533_convert_20120303130551
ですが、湿った重い雪。
すぐ溶ける典型的な春の雪だそうです。

雪で春の訪れをはかるのも、松山ではまずないことですが、はーやくこい、はーるよこい!もうすぐです!

Img_0532_convert_20120303130253 その、南三陸ならではの光景。
なんだと、思います?
ひまわりと、雪です

去年はたくさんのひまわりが東北で咲きました。
こんな光景があちこちみられてるのかな‥‥

さらに、こんな画像をみると、日本て細長いんだなあと、思ってしまいます。(今日の南三陸町の画像ですよ!)Img0525_1_convert_20120303133913

2012年3月 2日 (金)

仏滅

お引越しが仏滅だと、割引があるそうな。

全然考えたことなかったな‥‥
うちのお引越しってどうだったんだろう‥‥

が、しかし、だからといって他に日はない。
なので、調べない。気にしない。

要は、自分の気持ち次第なのだ!

今まで幾度となく、引越ししてきたが、気にしたことない。
別に、なにごともおこってない。
引越し自体は。

落ち込む原因も自分。
喜びの種も自分。
不安の原因も自分。

けっこう、ものごとを前向きに考える方です。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30