フォト
無料ブログはココログ

ばいく

ガラス関係

プラモ

ガンプラ写真

  • Dsc00444
    撮りためた写真をまとめてみます。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真2

  • Imgp0906
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真3

  • Img_0160
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

« はう つう すてんど5 | トップページ | ワーデンの廃業 »

2018年3月22日 (木)

はう つう すてんど6

染めないでシルバーのままでもよいのですが、きれいなのはしばらくの間だけ。
酸化してグレーになってしまいます。
こまめにクリーニングするか、エナメルでコーティングするかすればきれいなシルバーをキープできますが、ちょっとめんどくさいので、染めるのをお勧めしてます。

第一、光が通ってなんぼ、のステンドグラス、ぎんぎんのはんだはじゃまです。
(光を通さない小物類はシルバーでもお好みかな?)

はんだが終わったら、クリーニングをしてペーストの油を落とします。

はんだがギンギンになったら油の落ちたサイン。

はんだの部分をワイヤーブラシで軽く傷をつけます。
かる~く、かるーく。
このとき、いろいろな作業に使っているワイヤーブラシだと、ペーストがついていることもあるので、パティーナ専用のワイヤーブラシを用意しておくといいです。

綿棒と10センチ四角くらいの布(綿)、使い捨ての手袋、を用意します。

ブラックパティーナEXをふたに少しとって、こぎれではんだにすりこみます。
塗っただけでは染まりません。すりこむ。

黒くなったらそれ以上触りません。
パティーナ液は多すぎても少なすぎても弊害がありますので、1㎝ほど黒く染まるまではごしごしと、黒くなったら次の1㎝へ、という風に染め進みます。

ガラスとはんだの間に染めのこしがよくあります。
そこは綿棒で。

全体が黒くなったら、30分から1時間おきます。

定着するのに大事な時間。30分より短いと染まらないし、1時間より長いとガラスが変質してしまいます。

時間は、天候によって若干コントロールできますが、この時間が一番、まちがいがありません。

時間がきたら、缶スプレーのガラスクリーナーで再びクリーニング。
はんだの部分はそこそこに、ガラスはしっかりと。

乾いた布で仕上げます。

使った布や綿棒、手袋はそのたびに処分しますよ。

うまくいけば、黒々と光沢のあるはんだのステンドグラスが出来上がり!

きれいに染まらないのには何か必ず原因があります。
またメールで質問してね。

染めるのに、はんこの要る劇薬も、ワックスも必要ありません。

アンティークパティーナは染め方がちょっと違います。
アンティークを使いたくなった時に説明しましょう。
まずはブラックパティーナEXで。
(ブラックパティーナは染める時間が違うのでEXを使ってね。)

仕上がったら、フレームにセットして飾りましょう!

メールに添付して送ってください。
楽しみにしています

« はう つう すてんど5 | トップページ | ワーデンの廃業 »

ガラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はう つう すてんど6:

« はう つう すてんど5 | トップページ | ワーデンの廃業 »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30