フォト
無料ブログはココログ

ばいく

ガラス関係

プラモ

ガンプラ写真

  • Dsc00444
    撮りためた写真をまとめてみます。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真2

  • Imgp0906
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真3

  • Img_0160
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

趣味

2019年2月28日 (木)

HGUC シナンジュ・スタイン[ナラティブVer]

Dsc01897


冬は布団が恋しいのか朝目が覚めません。

なかなか製作が進まず久しぶりの新作アップです。

ユニコーンで存在が知られたシナンジュ・スタインの袖付き、ナラティブバージョンです。

Dsc01898


デザイン的には変わらないですが胸部と袖口にエングレービングが入ります。

ここはまたしてもシールに頼ってしまいました。

いつかエナメルふき取りで塗装してやる!

Dsc01899


赤いシナンジュよりは直線的でおとなしい感じ。

装飾的なところが少なくて「素」な雰囲気です。

Dsc01900


Dsc01902


武装はライフルとバズーカですが

いろいろ組み替えて楽しめます。

Dsc01904


写真は無いですがひじのカバー内にサーベルも内蔵されています。

シナンジュ・スタインは赤いシナンジュのベースにされたはずですが

2機袖付きに渡ったんでしたっけ?

F1000315


この派手さ。ま、これはこれでいいんですけど。

2019年2月 5日 (火)

コリャドウシタコトカ

出品したはいいがほとんど動きのなかったメルカリのガンプラ

ここんとこどうしたもんか一気に買い手がついちゃって

出品のほうが間に合わないくらい。

まとめ買いしてくれた人もいたりしてババッと片付いちゃいました。

お手ごろな価格設定のおかげでしょうか?

まあ自分としては楽しんで製作したもんなので

いくら手を掛けたからと言って儲けを出すほどの値はつけられませんので。

腕前がしれてますからね。

ホントに自慢できるような技術はなんもないんです

それでも買ってくれた方から高評価をいただくとうれしいもんで

また出品しようかって気になっちゃいます。

基本「もういらんかな。」と言うものを出すので

安目の価格でもあまり惜しい気もしないんですよね。

欲を出したら売れなくなるんだと思います。

次はリバイブ版が出てダブってる百式を手直しして出そうかと。

特に適当に作ってるメガバズーカランチャーを

きちんと塗りなおして出品しようと思ってます。

どうせ出すなら良い物を。ってね。

2019年1月 2日 (水)

HGBD ガルバルディ・リベイク 完成

Img_0180


2018年内に仕上がりそうでしたが間に合わず。

新年第一弾となってしまいました。

あけましておめでとうございます。

ビルドダイバーズよりガルバルディ・リベイクというヤツです。

Img_0172


Img_0174


キットのベースは名前のとおりガルバルディβなのですが

変更点が多すぎてあまり面影はありませんね。

Img_0175

Img_0177



前垂れや肩アーマーの大きさからか

近藤和久氏の描くMSのイメージがダブります。

 

右腕のナックルガードがいまいちだったので改造はあきらめてばっさりカット。

背中の大砲も非現実的な大きさなのでジャンクから小さめのものに変更。

胸部のデザインから「こいつは戦車だ」と思ったので

色味と配置も変更しました。

白ラインはキット付属のシールに頼っちゃいました。

Img_0178


背中には重すぎる大砲ですが、せっかくなので手持ちの武器に。

Img_0179


このハンマーもある意味非現実的ですが

これは外せない感じなので

Img_0180_2


肩の引き出し機構により腕の自由度はかなりのものですから

こんな武器も持たせられます。

 

今回は初めてのスポンジチッピングをやってみました。

筆でチマチマ入れるのも楽しいですが

スポンジだと早い早い。ちょっと癖になりそうです。

2018年11月20日 (火)

HG00 ダブルオーガンダム再塗装

Dsc018672


セカンドシーズン主役機ダブルオーガンダムです。

4機一気に塗りなおしの最後に主役中の主役を手がけました。

Dsc01864


当時は番組も観てないし

細身で華奢な感じの新しいガンダムにあまり好感も持ってなかったので

暇つぶし的にザッと作って放置してました。

でも時間を置いてじっくり取り組むと

なかなかいい部分も見えてくるもので

キットに罪はないな~、と改めて・・・。

Dsc01865


ツインドライブはフレキシブルに動かせるので

好みの位置に。

真横まで広げるとやたら上半身のボリュームが大きく感じるので

すこし斜めにウィングのようにする方が良いかと。

Dsc01866


後にはオーライザー等武装が増えるようですが

このキットはGNソード2本のみ。

Dsc01868


ライフルモードにもできます。

ツインドライブは前方に展開しGNフィールドを形成することもできるそうな。

この辺のことは番組を全く観てないので

なーんも知りません。

青、赤ともにトーンを落としていい感じに仕上がったと思います。

でも

メルカリ行き~

売れんかな~。

2018年11月 9日 (金)

HG00 アリオスガンダム 再塗装

ダブルオーセカンドシーズン第三弾。

オレンジの可変機、アリオスです。

Dsc01849


変形は後ほどですが

塗装後の変形は塗料こすれや剥げが気になっていやですね~。

変形前に写真撮っておかないと・・・。

Dsc01850


肩の長いのが機首でスネのが主翼。

あちこちツンツンです。

Dsc01851


背中はミサイルコンテナだそうです。

設定ではもう少しグレー部分が多いようですが気にしない。

Dsc01853


大き目のキャノン砲がメインの武装。

前垂れの裏にサーベルが収納されています。

Dsc01852


腕を前に振ると肩のトンガリも前に出ちゃって

なんだか邪魔くさそう。

Dsc01854


飛行形態はこのように。

ちょっと翼が小さいかな。

Dsc01855


先端はごらんのように開き

「GNビームシールドで敵を切断」だそうです。

ミサイルコンテナは差し替えでオープン。

発射状態を再現できます。

変形機構もあってか関節がややゆるいです。

足の甲や足首などもうちょっとしっかりしてると

立たせやすいのですが・・・。

変形で腕にコンテナの色がこすれてしまいました。

ちょっと手直ししておきましょう。

2018年10月23日 (火)

HG00 ケルディムガンダム 再塗装

Dsc01829


00(ダブルオー)2体目

GN-006ケルディムガンダムを塗り直しました。

甘いモールドを彫りなおしたりしつつ

チマチマと・・・。

スミいれ、ドライブラシにウェザリングマスター少々です。

Dsc01831


写ってないけど襟は黄色だったんですね。

塗りわけし忘れました。

こいつの足首、変ですね~。

スネに一個余分に関節があるし。

接地を良くする為だとは思いますが。

Dsc01832


各部の細長い六角形はGNシールドビットとやらで

個々に遠隔操作可能だそうで。

集まってシールドにもなるよ、と。

プラモの部品も共通でどこにでも付けられます。

ビット用のスタンドが付属してたようですが

捨ててしまってました。(顔の前のクリアパーツ「フォロスクリーン」も)

Dsc01833


右肩のライフルは差し替えで変形。

たたんだままだと3連バルカンモードだそうです。

膝は曲げに連動します。

よく動きますが関節の保持力が弱く

グラグラとポーズは取らせにくいです。(特に下半身)

目立つ合わせ目は処理したので

そこそこ見栄え良くなりました。

2018年10月12日 (金)

HG00 セラヴィーガンダム 再塗装

ガンダム00のセカンドシーズンの主役機のひとつ

GN-008セラヴィーガンダムです。

あまり興味のない近年のガンダム作品ですが

めぼしいキットが無い時につい浮気ごころが・・・。

メルカリ用に主役機4体塗りなおしにかかりました。

(先日一個目が売れました!)

まず第一弾としてセラヴィーを。

Dsc01814


Dsc01815


Dsc01816


各パーツがデカくなかなかのズングリ体型。

背中には一体MSを背負ってるという・・・。

(どうせならこいつも完全変形で付けてくれたら良かった。)

目立つ合わせ目処理、スミいれ、ドライブラシ等で

結構見れるようになったかな?

配色はかなり適当です。

Dsc01817


肩、すねに4門のキャノン砲があるうえに

さらにバズーカ2門の重火力。

Dsc01818


ばらして両手持ち。

Dsc01819


肩のと接続して「バスターキャノン」というらしい。

もちろん両方いけます。

手首に回転軸があり持たせやすい。

ちょっとトップコートが荒くなってしまいましたが

ウェザリングマスターでのエッジ出しもいい具合かと。

あと3体まとめて塗りなおそうか、どうしょうか。

新しいキットも気になります。

2018年10月 2日 (火)

HGUC(プレバン) TR-6 ウーンドウォート完成

Img_0157


ちょっと写真が暗すぎ?

プレミアムバンダイから発売となった

久しぶりの「ADVANCE OF Z」ものTR-6です。

つってもこのウーンドウォートってのは核となるMSで

追加装備によって姿も名前も変わってしまうものらしい。

なのにこのMSだけで変形してMA形態にもなるってのはなんで?

Img_0158


MS本体は非常に華奢な印象で

強そうって雰囲気はあまりありません。

女性的といってもいいような感じです。

Img_0159

追加装備でどんどんいかつくなるんでしょう。

Img_0160


付属の武器はこれだけ。レールガンでしょうか?

変形してクローモードってのにもなるようです。

Img_0161


追加装備プレバンで出るかな?

MA形態もオミットです。

2018年9月18日 (火)

おそれながら・・・

40も過ぎてからリターンというかはまってしまったガンプラ。

最近はモチベーションも下がり気味で前ほどガシガシ作ってないですが

それでもそろそろ10年?

コレクションとしてはかなりのものになってきました。

数年前からは汚し塗装なんぞにも手を出して

ここんとこは仕上げにトップコートもしなくては満足できなくなってきたり・・・。

次々と増設してきた棚ももう一杯一杯で

いままでは全く売る気もないし、売れる気もしてなかったんですが

もう数的限界が近い!

ヤフオクも考えましたが会費を払ってまでバンバンやる機会もなかろうと

とりあえず無料のメルカリとやらを利用してみることに。

2つ出品中です。誰か買って

棚が空いたら次のキット買えるからってそれじゃ~数減らんがな。

Dsc_0160
ジムスナイパーⅡ

Dsc_0166
ネモ・ユニコーンVer.

ひと月くらい様子見ですな。

2018年8月31日 (金)

HGUC ガルバルディβ

Img_0154


なかなかモチベーション上がらず

作業が進みませんでしたが完成しました。

RMS-117 ガルバルディβです。

Img_0149


結構メジャーなMSだと思うんですが

なかなかHGUCではキット化されず(旧キットはあり)

やっと来たか、という感じです。

Img_0150


最新キットらしくかなり細身。

Img_0151


肩には引き出し機構もありおおむねよく動きますが

足首はやや可動域せまいです。

ふくらはぎのフィンを開口して作ってやるとリアルでしょうね。

Img_0152


盾は差し替えながら伸縮できます。

肩上の箱にはビームサーベルの収納が再現されてますが

セットされるのは短い取っ手部分だけ。

デコの傾斜のせいかすごいゴリラ顔です。

Img_0156

盾の色が設定では緑ですが

違和感があったので変更。

ボディー色もやや暗めにしました。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31