フォト
無料ブログはココログ

ばいく

ガラス関係

プラモ

ガンプラ写真

  • Dsc00444
    撮りためた写真をまとめてみます。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真2

  • Imgp0906
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真3

  • Img_0160
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

趣味

2019年9月12日 (木)

MGズゴック再塗装

Dsc_0664

20年間爪無しで放置されてたズゴックのために

メルカリでシャア専用ズゴックを購入。

(シャア専用は爪が多く入ってる)

塗装も荒かったのでこの度リニューアルです。

Dsc_0661

久しぶりにばらしてみると

このキットなかなかいい!

かなり初期のマスターグレードだと思いますが

こだわり具合がちょうどいい感じ。

Dsc_0662

両腕をだらりと下ろした矢吹ジョーポーズが決まります。

欲をいえば爪がユルユルで止めたいところで止まらないのが不満点。

Dsc_0663

関節に防水シール的なパーツもあり

いかにも水陸両用感が出ています。

ジオン水泳部もなかなか良いではないか!

2019年8月31日 (土)

MGズゴックの復活

Dsc_0560

めずらしくマスターグレードをメルカリで購入。

(定価はいくらだったんだろう?)

ズゴック、シャア専用です。

というのも↓

Dsc_0559

この量産型、むかーし息子が買ってわたしが作ったものですが

ずっと爪が一本なかったんです。いつの間にか・・・。

「シャア専用は4本爪にも出来るらしいから余った爪で直せるなあ。」

と考えながらはや20年あまり。

ついに復活の日!さっそく取り付けてみました。

シャア専用は爪の他は単なる色違いかと思っておりましたが

説明書を流し読してみると腕や足の伸縮など

グレードアップした差別化がされてたんですね。知らなかった。

これで2体のズゴックが出来ちゃうので

一方はメルカリ行きでしょうな。

まずは量産型を手直ししよう。

 

2019年8月24日 (土)

プロトタイプグフ(機動実証機サンドカラーVer.)完成

Img_0197

HGオリジンのプロト・グフです。

一般販売では青い戦術実証機ってのが販売されましたが

Imgp0767

こいつは両手が不便そう。

プレバンでは両手がマニピュレーターの機動実証機。

Img_0198 Img_0199

手以外は一緒で色違い。

オリジン版のザク、グフ系は非常に出来が良いキットだと思います。

ただ細長いラインのシールが貼りにくい!

こま切れにするとさらに貼るのが難しくなるのだろうか?

Img_0200 Img_0201

プロトタイプは足に動力パイプが残っています。

ザクからの発展型ということですね。

Img_0202

サンドカラーがなかなか似合ってます。

2019年8月 4日 (日)

HGUC G-PARTS フルドド(ヘイズル・ラー) 完成

Img_0191 Img_0192

「ADVANCE OF Z」の支援メカ的なものでしょう。

以前発売されたヘイズル改と組み合わせることが出来そうなので買ってみました。

Img_0193

これを機会にヘイズルもちょっとお色直し。

フルドドは写真のようにばらばらにして

組みなおしつつヘイズルに取り付けていきます。

Img_0194 Img_0195

これで「ヘイズル・ラー」というらしい。

なかなかゴージャスになりますが自立は厳しくなります。

元にライフルと組み合わせてのロングライフルは

ノーマルのハンドパーツでは保持が難しかったので

ジャンクから適当なのを改造してつけました。

このフルドドが二機あると合体させて大型MAに出来たり

ヘイズル・ラーもさらに重装備に出来るようです。

 

2019年7月16日 (火)

HGUC ゲルググ/ゲルググキャノン 再塗装

Dsc_0502 Dsc_0503 Dsc_0504

汚しやエナメルによるスミイレ等を覚える前に作っていた量産型ゲルググ。

自分の腕を棚に上げておいて気にいらねーと放置。

リゲルグを組んだのを契機に塗り直しです。

ナギナタは本当は背中にジョイントですが

キャノンとして飾っていたのでパーツを捨てていました。なので腰に。

Dsc_0505 Dsc_0506 Dsc_0507

このキットは2タイプを組み替えによって選べるのでちょっとお得感あります。

ノーマルなゲルググはバックパックが無いのがさみしいので

今もゲルググキャノンで飾っています。

実は塗装中にスネのひし形のパーツを一個紛失してしまい

エポパテの固まったヤツから削りだしで複製したんです。

なんとか目立たない程度には似たようなものが出来たかと・・・。

Dsc_0508

決めポーズはやはりナギナタで。

2019年7月11日 (木)

HGUC リゲルグ ユニコーンVer.完成

Dsc_0492 Dsc_0493 Dsc_0494

えー、そもそもリゲルグってのはZZガンダムに登場の

ネオ・ジオンのMSで

それを袖付きと呼ばれるユニコーンガンダム時代のネオ・ジオンが

まだ運用してたって設定で

おそらくカラーリングと袖の部分の白ラインだけ変更されてるんだと思います。

Dsc_0495

ユニコーンVer.のキットには一部ギラ・ズールのランナーが入っており

都合ライフルが3丁も付属しています。

が、うち1丁はうまく持たせる事できませんでした。

Dsc_0496 Dsc_0497

ゲルググといえば、のビームナギナタは

リゲルグになっても変わらず。

これが一番「らしい」のかも。

2019年6月14日 (金)

HGUC ZZガンダム 再塗装

Dsc_0452

前回製作のR-ジャジャの箱絵に一緒に描かれてたもんで

塗り直しとなりました。

Dsc_0453 Dsc_0454

ZZは変形ありき、といいますか

おもちゃとしての値打ちのほうが優先されてる感じで

あまり好きではありませんでした。

Dsc_0455

差し替えでいろいろ変形できるんですが

製作時に変形用の部品を

もういらんわ~、と捨ててしまったようで

MSの姿のみアップです。

Dsc_0457

右手の握り手が無いので

武器無しだと開いた手でしか飾れません。

せめて握り手は付けておいて欲しかった。

巨大なバックパックの影響か

ウェストが太く感じたので

スジ彫りでちょっとごまかしを。

ジャジャに合わせてスポンジチッピングを少しいれてみました。

ちゃんと塗ればまあ見れる。

2019年5月28日 (火)

HGUC アール・ジャジャ完成

Dsc_0428

ZZに登場のネオ・ジオンのMS、アール・ジャジャです。

HGBDからアール・ギャギャのほうが本家より先に発売されるという

おかしなことになってましたが

だいぶ遅れてジャジャのほうもキット化です。

Dsc_0423 Dsc_0424 Dsc_0425

設定ではシャインレッドというかもうちょっとオレンジっぽいカラーですが

がっつり赤いのにしてみました。

赤は隠ぺい力が弱くてムラがなかなか・・・。

ギャギャと比べると

肩のマウント方法がかなり変更されくるっと回転できるようになってます。

前腕部に動力パイプが露出してるのも差別化。

あとはだいたい同じかな。

Dsc_0426 Dsc_0427

ライフルは肩にもマウントできます。

左は平手がつきますが手の甲のサイズが違う・・・。

パッと見は判んないですけどね。

ギャギャは下半身の関節がゆるくてポージングに苦労しましたが

ジャジャは気持ちシッカリしてるような気がします。

改善されてるんでしょうか?

2019年5月 6日 (月)

HG MSD 高機動試作型ザク 完成

Dsc_03822

いまさら感はいなめませんが

再販となったいわゆるアイナザク

高機動試作型ザク完成です。

Dsc_0378 Dsc_0379 Dsc_0380

おなじくMSDシリーズのドム試作型と似たデザインですが

足などこっちのほうがドムに近いという不思議。

後付設定も多いのでいろいろ食い違い等もあるでしょうが

こっちのほうがまとまりが良いですね~。

Dsc_0381

武装はマシンガンとヒートホークと

一般的ザクと変わりなし。

Dsc_0383

ヒートホークは本来サイド側にマウントですが

後にも3ミリ穴がありセットできます。

黒い外装部分に

サンドカラーでウォッシングを掛けてみました。

アイナザクっぽく仕上げる為

キット付属の赤いラインはあえて使いませんでした。

うっすらと汚れた感じがよいです。

2019年4月20日 (土)

HG オリジン ジム・キャノン(空間突撃仕様)

Dsc_0348

オリジン版のジム系は初めて買いました。

一般販売の方にもいろいろあったのになぜかプレバンで。

Dsc_0349 Dsc_0350

やっつけ感のあるデザインですね。

キャノン砲もバックパックではなく肩に直付け!

関節の丸モールドをフリーにすることで

可動域は広いです。

特に足首は画期的に動く。現実の可動軸は完全に無視ですけど。

Dsc_0351

かなりの角度でもばっちり接地します。

ま、模型なんだからこれでいいのかも、です。

 

Dsc_0352

ふくらはぎにもバーニア増設で

「突撃して破壊して死んでこい!」仕様の完成でしょうか。

 

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30