フォト
無料ブログはココログ

ばいく

ガラス関係

プラモ

ガンプラ写真

  • Dsc00444
    撮りためた写真をまとめてみます。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真2

  • Imgp0906
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真3

  • Imgp13482
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

趣味

2017年11月30日 (木)

HGUC ガンダム デルタカイ 再塗装

F1000508


↑これがほぼ設定どおりのカラーなんですが

白っぽすぎてなんだか気に入らない感じでした。

Imgp0002


こんな風に塗り直してみました。

大袈裟すぎる肩パーツも余剰だった

(メガシキの余剰パーツだったかな?)

デルタガンダムの部品に変更。

黄色かった所はゴールドに

明るかったブルーも濃い目にしてイメチェンです。

元の配色はなんだか四電工(地方ねた)の車みたいですもん。

Imgp0004


デルタ系は背中にバックパックが無くてちょっとさみしいので

ジャンクでスラスターを追加。

Imgp0005


武装がこれまた大袈裟で(特にハイメガキャノン付きの盾)

可変を考えなければもうちょっと小ぶりなものに変更しても良いかも。

大していじってはいませんが

かなりイメージは変わったかと思います。

2017年11月 6日 (月)

ハセガワ 1/35 メカとろウィーゴ

Imgp1371

前々から気になるキットではあったんですが

とうとう一個買ってしまいました。

1/35は色違いで二個セット。なのでココアがもう一体あります。

白い方が出来たのでココアはまた今度。

Imgp1373


子供用メカの設定ですが

整備不良で錆びた機体に仕上げました。

Imgp1375

差し替えではありますが

乗り込み状態にも出来ます。

デカールはオーバーサイズですが意外と合ってる。

ウィーゴ、かわいくてはまりそうです。

2017年10月18日 (水)

HGBF GM/GM

Imgp1368


ビルドファイターズより

やたらスタイリッシュなジムが出ました。

GM/GMのはじめのGMは

「ガンプラ・マフィア」の頭文字ということです。

Imgp1363


最新だけあって立ち姿も決まります。

Imgp1365


配色はたしかにジムですが別物ですね~。

頭が3種も付いてます。

Imgp1366Imgp1367

















Imgp1370


元祖ジムと。

徐々にかっこよくなるジムシリーズですが

最高にスマートでスタイル良いですね~。

ビームサーベルももちろん付属しますが

写真撮るの忘れました。






2017年9月21日 (木)

コトブキヤ ファンタシースターオンライン2 A.I.S Grey Ver.

Dsc01495


息子に製作依頼されました。

細かいであろうコトブキヤのキット。

この造形で全高わずか11センチってどれだけ細かいパーツ分割なんだ?

と思ってたら塗り分けが細かいのでした。

老眼にはそっちの方がきつい訳で。

Dsc01496


外装パーツはほんの一部色分けされてますが

ほぼ塗り分け。もう目が死にそうでした。

デカールも水転写だからトップコートも吹きました。

娘の依頼品も吹いたなあ。

自前の時は面倒だからやらないのに。

身内とはいえ依頼品、手を抜くわけにはいきませんもんね。

Dsc01497


Dsc01498


大きさが大きさなもんで可動部分は知れてます。

普通に手足、腰以外はスラスターと背中のハッチが動くくらい。

まあガンプラでもHGならそんなものか。

足が小さくて安定しないので

スタンドも作ってやりましたわ。

木っ端と真鍮棒の余り物ですけど(笑)。

ある意味「さすがコトブキヤ」でした。

2017年9月11日 (月)

バンダイ 1/12 グリーバス将軍

Imgp1358


バンダイのSTAR WARSシリーズから

帝国軍のグリーバス将軍です。

このキャラは映画で見たときから大好きで

いいフィギュアが出たら手に入れようと思っていましたが

なかなかこれってのが無く

とうとうこのキットまで・・・。

スミイレで割ってしまったパーツの破片を紛失してしまい

請求してた部品が届いたのでやっと完成しました。

Imgp1360


マントも付属するし内臓まで再現されています。(ほぼ見えなくなりますが。)

腕の関節はガンプラで進化したインジェクション技術で

実にうまいこと曲がります。

Imgp1356


最大の特徴である4本腕は差し替えで再現。

4本腕になっても可動は十分。

ライトセーバーはつや消しにしてやると雰囲気です。

Imgp1361


さすがに華奢な部分はありますが

モールドも細かくシャープで

よく出来たキットだと思います。

グリーバス将軍、かっこいい!

2017年8月31日 (木)

しかたがないが納得いかない。

この度趣味のプラモで部品の破損、おまけにそれを紛失があり

(初めてではないが今までは補修でなんとかなっていた。)

取説にある部品請求をした。これは初めて。

部品は一個で60円。送料が120円。

合計180円だが100円単位は定額小為替とやらで

のこりのはしたは切手でというややこしさ。

郵便局で手続きすると100円の小為替を出すのに手数料が100円だと言う。

むむむ・・・。だが背に腹はかえられぬ。

おまけに当然だがそれを郵送するのにさらに82円。

結局倍の金額が掛かるわけ。

なんだこれ?

二度とノラしてパーツを外さないままスミイレはするまい。

部屋は整頓して落としたパーツが見つからないなんてことがないように。

すっごい損した気分。小額だけど。

2017年8月10日 (木)

HGUC ジム・スナイパー

Imgp1344


陸ジムが出たのでいずれ発売になると思っていましたが

まさかのプレバンから。

なんだかアコギな商売だ。

Imgp1340


全身保護色?で地味なんですが

いかにも兵器って雰囲気がいいのです。

陸自って感じですな。

Imgp1342


造型は陸ジムと全く同じ。

武器類のみ差があります。

Imgp1343


盾とライフル。これは一緒。

Imgp1345


陸ジムには無かったこれはミサイルランチャーでしょうか?

Imgp1349


そしてロングレンジのライフル。

スコープのレンズが立体的ないいものでした。

Imgp1348


立て膝の射撃ポーズは思ったほど決まらない。

ポージングが下手なだけ?

MGのジムスナⅡはかっこよく決まるみたいです。

まあHGですからしかたないですけど。

2017年7月18日 (火)

HGサンダーボルト 陸戦型ガンダムS型

Imgp1319


舞台が地球に移ったサンボルに登場の陸ガンS型。

S型のSは戦艦名スパルタンのSだそうです。

Imgp1321


どうやらジムベースらしくキットにもジムのランナーがあり

余剰パーツも出ます。

空間用とはバックパックが大きく違いますが

サブアームは健在。

いわゆるスリッパ部分がタイヤ状に空気が入ってるみたい。

この体重をささえられる?

Imgp1322


盾、ライフル装備。

Imgp1323


ジャベリンもあります。

ビームサーベルがサブアームの途中に付いているので

展開すると扱いにくそう。

Imgp1324


盾はジム同様2枚付属していますので

こんなことも出来ます。

オリジナルのガンダムと世界観は共通ですが

MSはまるで別物のサンボルですが

模型としては楽しく製作できるので

これはこれで有りかと。

リックドムやゲルググは出ないんですかね?

2017年6月15日 (木)

HGUC ズゴックE 再塗装

Imgp13092

ここんとこお疲れ気味なもんで

朝のお楽しみ時間もなんだか気分が乗らずです。

こちらのカニ、かなり青っぽく仕上げてあったのですが

なんだかしっくりこず

結局設定カラーに戻して塗り直しです。

そもそもは爪の裏の肉抜きを埋めたかったんですよね。

Imgp1310


かのズゴックの性能アップ版ということで

腕や足のじゃばらも複雑なデザインになってますが

キットは関節ごとには動かず一本軸が通ってます。

しかしながらデザイン的には手抜き感がなく

確かにズゴックの高性能版だという説得力がある気がします。

Imgp1311

背中のジェットパックは汎用らしく

たしかハイゴックにも同じデザインのものが。

Imgp1312


外しても4基のノズルがあります。

妙に艶が出ちゃったり

水陸両用だから水汚れ感も出したかったり

まだやり足りない事がいっぱいあったんですが

疲労感に負けて一旦ここで出来上がりとします。

気が向いたらまた塗ろう。



2017年6月 1日 (木)

HGUC ジェスタ 再塗装

Imgp1308


素組みでサクッと作ってあったジェスタをいじりました。

Imgp1302


説明書をよく見るとボディーカラーも単色ではなく

濃淡があったみたいです。

調色して塗り分けましたが写真ではよく解りません。

Imgp1304


新しめのキットなので合わせ目もさほど目立つ部分にはありませんが

肩と腕にありますので

できるだけ合わせ目消しを。

Imgp1305


今回はドライブラシをいれずにウォッシングのような感じで

エッジからグレーを入れてみました。

物足りなかったのでさらにウェザリングマスターをプラス。

Imgp1306


盾のアームは差し替えによる展開です。

腕にマウントしないタイプは珍しいですね。

サーベルは左腕にのみ一本マウント。

やや股関節がゆるくてポーズがとりにくいですが

可動、プロポーションは文句なしです。

ジェガンベースに開発されたという設定で

キットもバックパックの取り付け部が共通で交換可のようです。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31