フォト
無料ブログはココログ

ばいく

ガラス関係

プラモ

趣味

2020年6月24日 (水)

HGUC RGM-79FP ジム・ストライカー 再塗装

何年ぶりに手を付けたのでしょうか?

HGUC No72、2006年発売のキットらしいです。

Dsc_1082 Dsc_1083 Dsc_1084

右にぎり手がないのでライフル付きで。

説明書を見るともうちょっと塗りわけがあるようですが

まあいいでしょう。

「戦場の絆」というゲームからザク・スナイパーと同時期にキット化されています。

おなじみジム系のキットに外装に追加装甲と

ツインスピアという特徴的な武器がついています。

Dsc_1085

強そうなジム、ですね。

Dsc_1087 Dsc_1086

アーケードゲームで見るたびに面白そうだなあと思いながら

普段全くゲームをしないワタシには難しすぎて何も出来ないままゲームオーバーなんだろうなと

スルーしてました。

 

2020年6月19日 (金)

HGUC リ・バウ 完成

Dsc_1058 Dsc_1059 Dsc_1060

元キットのバウにあれこれ新規パーツを足して総裁機にふさわしい?ようにグレードアップしたキットです。

なんで総裁の機体にバウをベースに選ぶのか?

そこらへんは謎ですが

後付け感満載のリバウができあがりました。

エングレービングはシールに頼ってしまいました。

パーツによっては凹凸もなくシールじゃなければかなり手を入れないと塗り分けはきびしいです。

またこのシールが折り目だらけで・・・。場所決めもなかなか難しかったですね。

合体、分割の機能は残されています。(写真はないですが)

Dsc_1062 Dsc_1063

ライフル等の武器類とハンドパーツは

シナンジュからそのまんま。

盾が肘の横に付くようにステーをいじりました。

踵が高くなったの若干ですが短足感がなくなりました。

Dsc_1065 Dsc_1067

こちらの武器もシナンジュから。

なんかツンツンとでっぱりが多くシナンジュっぽさは出てますが

やや無理は感じちゃいますね。

1/144のHGUCは特に顔がおかしいので気をつけて。

RE100の方がかっこいいと思います。

 

2020年5月25日 (月)

サイボーグハンド塗装

Dsc_1012_20200525150301

素組みだとなかなか派手目。

悪くはないですがもうちょっと渋目がよいので

塗ります。

Dsc_1043 Dsc_1042 Dsc_1041

シリンダー部分は無塗装ですが

後の部分は塗って多少の汚しを入れてリアルタイプに。

もっとはんだ線など複雑なディテールアップをすれば

どんどんかっこよくなりそうですが腕が伴いません。

かなりのデカぶつ、どうやって飾っておこうか思案中です。

2020年5月 4日 (月)

エレキット サイボーグハンド

ぼんやりテレビを観ていると

今はやりの家で出来るおたのしみ紹介で

まあ、多分学校に行けてない子供向けだとは思うんですが

これが紹介されてました。

Dsc_1012 Dsc_1013

水圧を使って自分の指の動きをオモチャの指にも伝えるというもの。

パッと見のインパクトで「あ、これ欲しい。」

となってしまいすぐ探して注文しちゃいました。

祝日に根詰めて一気にパチ組み。

一回動かすと「まあ、こんなもんか。」ってなっちゃいますが

きちんと面処理して全塗装すればなかなか面白いんじゃないですかね。

ネジ止めが多くてばらすの面倒ですが

早いうちに塗ってやろうと思います。

2020年4月22日 (水)

HGUC S-ガンダム 再塗装

Dsc_1002 Dsc_0997 Dsc_0998

No.23 2001年のキットと結構古いですね。

膝関節のゆるいのや塗り分けのいいかげんだったところを改修しつつ

塗りなおしました。

まだ映像化されてないガンダム・センチネルですが

MSのデザインはつぶぞろいですね。

プロポーションは良いですがやや上半身が重たいでしょうか。

Ex-sになると足が太くなってバランスが取れてる感じですが。

Dsc_0999

ビーム・スマートガンはなんとか構えられます。

かなりキチキチで構えたら動かすことはほぼ出来ないです。

Dsc_1000 Dsc_1001

サーベルはクリアパーツではないので塗装で表現しないといけません。

筆塗りでグラデーションつけてみました。

ひじ、ひざのポリキャップがゆるみやすいので加工したほうがよいでしょう。

細いダボピンが多いので分解時は注意です。

かなり折ってしまいました。

塗装が必要な場所は多いですが仕上がるとなかなかかっこいいMSです。

MGだとかなり高額ですからこちらもお薦めです。

2020年4月 4日 (土)

ザブングルWMギャロップタイプ1/144 完成

Dsc_0964

その昔ガンダムのちょっと後でしょうか

リアルなロボットアニメのブームがあって

そのなかのひとつにザブングルってのがありました。

ウォーカーマシンとかウォーカーギャリアーとかいうマシンで

なんか建築用重機から発展したようなのがいろいろ出てきたらしい。

当時田舎はテレビの電波環境が悪くて民放がろくに映らないようなところだったもんで

放送は見れておりません。

が、紙媒体で情報は入ってくるのでなんとなーく知ってはいました。

プラモもなんかひとつくらいは作ったような、ないような・・・・。

Dsc_0965 Dsc_0966 Dsc_0967

1人乗りの小さなマシン(ケージ内がコクピット)なので

完成品で全高6センチほど。

なんともかわいらしいキットです。

当時もの(140円の値札が付いてました。)なので当然接着剤が必要。

アトハメなんてのはほぼ不可能なので塗りながら組んでいく感じです。

Dsc_0968

もう一個別タイプも買っちゃったんですが一個目でかなり満足。

二個目はしばらくしてからとりかかりましょう。

2020年3月19日 (木)

ジム・カスタム2機目 完成

Dsc_09302

前作と同じ機体ですが

ツートンに塗り分けてみました。

Dsc_0927_20200319174801 Dsc_0928

ガンダム風に胸部とスリッパ部分とふくらはぎの一部を元のジムカス色

他をグレーがかった白で。

Dsc_0931 Dsc_0929

ピンタレストで見つけた画像を参考にさせてもらいました。

なんかジムだらけになってきたなあ。

2020年3月11日 (水)

HGUC ジムカスタム 再塗装

Dsc_0925-2

初期にあらっぽく作って放置していたジムカスをやっと再塗装。

ずっと気にはなってたんですが・・・。

Dsc_0926 Dsc_0927

古めのキットで合わせ目がかなり出ますが

ほぼ合わせ目消しで。

前腕はちょっと目立ちますか。

全身単色で地味な印象なので

「特徴がないのが特徴」とか言われちゃうんでしょうね。

スミイレとウェザリングマスターのみです。

HGUC ジム改 完成

Dsc_09202

一部パーツ不足のものを購入し仕上げました。

盾とくるぶしのいわゆるマルイチが一個紛失でした。

Dsc_0921 Dsc_0922

盾はバンダイから出ている武器セットのようなのから陸戦型を。

くるぶしはジャンクから似たサイズのものを加工しました。

Dsc_0923

後のは以前製作したモノ。トップコートだけ同時に。

どちらも軽くチッピングとウェザリングマスターで汚しです。

2020年2月11日 (火)

HGUCヤクト・ドーガ クエス・エア専用機 完成

Dsc_0884 Dsc_0885 Dsc_0886

またまたメルカリで買った素組み無塗装のものを

ばらして塗り直しました。

パーツがすこし不足していますが立ちポーズには十分です。

Dsc_0887

珍しく見えないところをディテールアップなぞしたりして。

Dsc_0888 Dsc_08892

設定よりかなり濃い目の赤で。

シルバーの部分は明るめのグレーにしてみました。

Imgp0807

ギュネイ機とやっとそろいました。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31