フォト
無料ブログはココログ

ばいく

ガラス関係

プラモ

ガンプラ写真

  • Dsc00444
    撮りためた写真をまとめてみます。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真2

  • Imgp0906
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガンプラ写真3

  • Imgp13482
    撮りためた写真です。 くわしくはhttp://tarakobo-hobby.g.dgdg.jp/

ガラス

2017年10月13日 (金)

今度はドイツからの‥

昨日、お教室をしていたら、バックパッカーのお客様。

日本語は話せないという。が、

そのときの生徒さんはちょっと前まで道後でお仕事をしていたので、

海外のお客様にはなれている、感じ、だと安心していたら、

英語は話せないcoldsweats01‥らしいので

例によって、片言の英語で意思疎通をこころみる。

もう、私も、生徒さんもガラスはそっちのけhappy01

で、ドイツの方だと判明。

海外の方は、どなたも、たいてい自国語と英語はしゃべれるんだな‥‥

で、なんとなく話をしていると、

「あい、わんつ、ら~んでぃす」

ステンドグラスを体験することになりました。

翌日、今日です。

約束の時間に身軽な格好でやってきました。

荷物はお宿に置いてきていて、今日は体験の後、道後界隈を回るそうです。

1時間でミニミラーを仕上げた彼は、一度「バ~イ、ハバナイスデイ」と手を振って道後へ向かった数分後、もうひとつ作りたい、と帰ってきました。

お友達のプレゼントに、だそうです。

「ウワォ」です。

2個目のミニミラーも染めなかったので、一時間足らずで仕上げた彼は

私の作品をとってもとってもほめてくれて、

写真も撮ってくれて、

再び「ありがとう、バーイ」といって道後のほうへ向かいました。

今度また再び会うことは無いかもしれないけれど、

これもまた、ひとつの出会い。

一期一会、です。

体験教室をしていると、この時間がとても貴重に思えます。

楽しい時間を。

楽しい思い出を。

クリストフ!

染めなかったので、ポンジュースをご馳走するタイミングを逃してしまいました。

ごめんなさい。また、いつか。

Dsc01516

 

2017年5月29日 (月)

次の展開は?

今までの紙物を整理していたら、

昔のいろいろな資料がでてきました。

というか、あったんだけど、忘れていて、あらためて読み直してたら、

なんだか、やるぞ!やるぞ!これからだぞ!みたいな空気感があって、

いろいろなことにいろいろな可能性が感じられて、

ああ、こういう時代だったんだな、とちょっと離れた立ち位置で振り返ることができました。

そのあとのバブルのおいしい時期を、子育てで逃し、

ほぼほぼ、同じ太さでステンドグラスを続けてきたおかげで、

この40年近くを続けてこられたような気がします。

作家としての作品制作にはじまり、

建築用のステンドグラスにスライドし、今は教室がメイン。

ただ、時間的な制限で、個展や催事を控えた分、

「自分の作品」を作る欲求が大きくなってきているのは確かです。

材料資材の状況、建築の現状、媒体の変化、世界の展開。

そして、ひと。

当時の私はプロを目指す人たちの中で最年少でした。

(もっと若い人も若干いらっしゃったけど‥今なにしてる?Tくん)

時々、浦島太郎のような感覚にとらわれるときがあります。

自分も確実に年を取っているのですけど。

これからの10年を考えたとき、

なにをすべきか、なにができるか、

考えなくてはならない時期に来ているような気がします。

今までがそうだったように、

目の前のこと(私生活も含め)を精一杯こなしながら、

できることを、できる限り、一生懸命することで道は決ってくるのかな?

われながら、次の展開が楽しみです。

2017年5月22日 (月)

整理

いろいろな転機をむかえて、工房の整理をすることにしました。

40年近く同じことに携わっていると、

忘れていることや物があふれるほど、あります。

とりあえず、

気になっていた紙ものを。

実家の父が亡くなったときに整理していて出てきた独身時代のもの。

まあ、なんて私は勉強していたんでしょう!

初心に帰って、とはよくいったものです。

当時のガラスメーカー、なんと32もあった、とさ!

当時はさっぱりよくわからなかったメーカーも、今ならよくわかります。

ステンドガラスの方法。

ステンドガラス用のガラスの種類。33。

パテの作り方。

ステンドグラスの強度(数値データ)。などなど。

そして、当時はありえないくらい海外のステンドグラス作家(マネージャー、CEOも!)が来日。

逐一、参加していました。(若くて時間があったhappy01

当時の日本のステンドグラス取り扱い会社に感謝!です。

読み返してみると‥‥

「ガラスのしょうどう買いをやめること。」  byスペクトラムのマネージャー

(ノートにかいたまんまの状態ですcoldsweats01

学べてないじゃん!!!ていうか忘れてる!!

このときのノートは今現在も役立ちそうです。

さあ、今度はガラス。

その他のものは年末に棚卸しをしているので把握できているけど、

ガラスはいつもいつもざっくりなので。

これからの10年。

楽しく、無理なく、ガラスとともに!

2016年4月20日 (水)

仕事道具ふえました

ガラスの仕事をしていると

必要にせまられて木工の仕事もやらねばならなくなる。

たとえばパネルの木枠、行灯の台、スタンドプレート等々。

そこで垂直に貫通穴をあけるのに今までは目見当でドリルをあててたんですが

どうやっても斜めになってるみたい。

ボール盤があればなんの苦労もない作業ですが

結構値がするしスペース的にも邪魔そう。

もう手狭になってしまっていますから。

そこで見つけたのがこちら。

Dsc01107


上に手持ちのドライバー

下にドリルの刃を付けてスライドさせるというもの。

確かに精度は低かろう。

角度調節も目盛りがあるだけで0度でキチッとは止まらない。

だがこちとら日曜大工のDIY。

十分なのでございます。

もっと早く知ってたらなあ。

今まで納得のいかない仕上がりだったのがスッキリすることだろう。

(下側の金色のビットは別売りです。

手持ちのドリルが短くて20ミリまでしか貫通できなかったので

延長の為買い足しました。)

2015年11月24日 (火)

アンティーク風パネル

Dsc00924


小さなパネルですがケーム仕上げです。

木枠の塗装をアンティーク風にしてみました。

実は試作は早くに終わっていたのですが

同級生の娘さんからお母さんの誕生日プレゼントに何かと

五日位前に依頼があり

急遽完成間近だったこのパネルを勧めたので

誕生日当日が過ぎるまで発表できなかったという経緯があります。

Dsc00926


もう一枚製作しました。

こちらはiichiで販売中。https://www.iichi.com/

もちろんご依頼があればお好みのデザインで製作いたします。

2014年11月 4日 (火)

これは新しい!のではないかな。

親の用事でめったに行かないデパートへ。

ほいでもせっかく来たんなら、とぶーらぶら。

そしたら出会ってしまいました。こんなものに。

Dsc00353


ガラスに興味のない方にはどうでもいいことでしょうが

この模様の入れ方は斬新でした。

吹きガラスは吹き、バーナーワークはバーナーと

なんとなく住み分けがされてた感があったのですが

この作家さんはその垣根をいとも簡単に乗り越えています。

今までも既製のパーツを吹きに使ったものはありましたが

パーツから作品のイメージにあわせたものを自分で作り

自分の世界観を表現した人はそうはいなかったのでは?

少なくとも国内の作家さんではいなかったんじゃないでしょうか。

(そんなもんいっぱいおるわ、ならごめんなさい。)

なんでも子供のころに遊んで作った「水中庭園」のイメージなんだとか。

それを大人になるまで持ち続けているのもすばらしい。

Dsc00355コップの底が水溜りに漂う花びらや葉っぱのようです。

お気に入りを一点だけ購入しましたが

他の作品もすばらしかった。

まだ若い方のようだったので

きっとこれから大成することでしょう。

厳しい世界ですが

いいものはいい。

がんばってほしいなあ。

2014年4月21日 (月)

ばたついております。

Imgp0599

よくあることではありますが、

現場の都合なのかどこの都合なのか

下請けは振り回されるのです。

三月に片付いているはずの仕事がずるずるとずれ込んできたりして

今月はバタバタです。

特に先週から。

写真のパネルも(完成前に公開もなんですが)寸法がはっきりしなかったので

サッシが入るのを延々待っておりました。

サイズはなんと直径1230ミリ!

一般住宅でこんな大きなサークルサッシが入るなんて

驚きです。

これを一週間で仕上げなくっちゃならないってんだから

そりゃあばたばたしますわな。

(もう一件寸法待ち物件があります。それも4月納品。)

もちろん定期の教室もこなしながら。

おかげで実家の農業の方はほったらかしです。

今週は農協の果樹部会、玉葱部会の総会もあったり

さらに時間がないなか取り付けにもいかねば・・・。

遊ぶために働く身としましては

忙しすぎるのはカンベンなのです。

単車にも全然乗れませんがな。

(ここんとこ週末は雨が多かったですけど。)

ゴールデンウィークには片付いてるんだろうなあ。

単車乗りまくってやる!

2014年4月 3日 (木)

決定版かも?

ステンド教室のみなさん

カットや研磨の際にマジック使いますよね?

でも研磨機かけると水でインクが浮いて流れてしまいますよね?

そこでなんですが

最近ホームセンターをうろうろしてて見つけたのがこちら

Imgp0595

ゼブラ、マッキーPRO特殊用途DX

名前からして大層ですが

濡れたところにも書けるというふれこみ。

これは研磨作業にぴったりなんじゃなかろうか?

とりあえず一本だけ買ってきて使ってみました。

結論からいうと結構よさげです。

水をかぶってもインクが浮き上がることなく

最後までしっかり線が残ります。

ただし、黒と赤しかないので

濃い色のガラスでは見えにくいでしょう。

そこは今までどおりポスカでいくしかないのでしょうか?

教室の際にもお知らせしていくと思いますが

当ブログをチェックした方は早めにためせますwink

こいつが今のところベストじゃないかと思います。

さあ、ホームセンターへGO!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ グラスアートへ
にほんブログ村

2010年9月24日 (金)

先生の個展

とんぼ玉の心の師、内田先生の個展が神戸でありました。

閑静な住宅地内のこぢんまりとしたギャラリーでした。

ながらく先生の個展は拝見しておらず

ご活躍は案内のはがきでのみ。

作っておられる玉も写真でしか見ていませんでした。

近年の作品はちょっと好みでないものもあったりしたのですが、

その玉も現物を見るとやはり素晴らしかったり

やっぱり生で見ないとわかんないもんです。

今回も3個購入して帰りました。

おれもまたがんばろっと。

2008年10月15日 (水)

まぬけだ。

えー、今月末に個展があります。案内のはがきを出しました。ホームページにもおそまきながら告知をっと、何日から何日までやったかな?とはがきを見る。

ん?なんか期間が長いような?

あーーー!(lll゚Д゚)日付まちがっとるぅ。

つい2時間前にポストへ投函したばかり。なぜ、どうして投函する前に気が付かないのか・・・。

今訂正のはがきを印刷中です。「ふつか」と「いつか」を間違えたのはわたくしタラオでございます。切手代、倍かかっちゃうね。スマン。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31